選ばれる理由

検索サイトで「Web制作会社」を検索すると、おびただしい数の会社がヒットするでしょう。
その中から、自社のホームページをどこに任せるか?
きっとモニターを眺めたままいっとき悩み、何件かクリックして逡巡し、別の作業に移ったご経験があるのではないでしょうか?

そんな乱立するたくさんの会社の中から、なぜ、弊社を選んでくださるクライアント様が増えているのか。
以下をご一読いただければご納得いただけるでしょう。

システム系か? デザイン系か?

Web制作会社の母体には2種の系統がある

Web制作に関わるもの同士でよく交わされる挨拶があります。

S制作会社のAさん:「お宅はシステム系ですか? デザイン系ですか?」
D制作会社のBさん:「デザイン系です。お宅は?」
S制作会社のAさん:「あ、うちはシステム系です」
(この後、両者の間に流れる微妙な空気については省略させていただきます・・・)
という感じです。
「デザイン系」とは、主にデザイナーを中心とした、ビジュアル・デザインを得意とする会社です。
たとえば、もともと会社案内やパンフレットを作っていた印刷会社が、取引先の要望に応えてその会社のホームページ制作を請け負い、依頼も増えてWeb制作会社も立ち上げたというような場合です。
もう一方の「システム系」とは、もともとサーバーやデーターベースの構築をやっていた会社が、やはり取引先の要望に応じてWebサイトも作りましょうと始めた場合などになります。

入り口は近い、けれど実は遠い

誰でも使えるオープンソースの罠!?

ショッピングサイトを作りたいと思い立ちったときに、ネット検索でWeb制作会社を見つけたC社長。
「近くにあって打ち合わせに便利だし、ここのホームページはデザインもきれいだ。ここに決めた!」
E制作会社と約束を取り付け、担当者Fさんとの打ち合わせもスムーズに進み、無事にショッピングサイトをオープン。
お客様からの注文も増えて、扱うアイテム数も増え、従業員の数も増えてきました。
そうなってくると、今までのシステムではうまくいかない、細々と不便なところが出てきて業務がスムーズに進まない。
ここはシステムをグレードアップして、更なる集客・増収に努めたい!
と思った勤勉なC社長は、早速、E制作会社のFさんに依頼します。

C社長:「管理画面のG画面をこう言うふうにしてほしい。そして、項目Hをちょっとこうしてほしいねん~云々かんぬん~~~」
Fさん:「はい。G画面は対応できると思います。ですが、項目Hの件はちょっと・・・・はい。申し訳ありませんが、出来かねるかと・・・」
C社長:「なに? なんでや???」
(・・・暗転・・・)

体幹が弱ければ見掛け倒しの脆弱男子

システムは体幹を支える筋肉

最初はとてもうまくいっていたC社長とE制作会社でしたが、C社長がシステムのグレードアップを希望したことがきっかけとなり、その息のあった関係にだんだんと影が差し、齟齬が生まれていきました。
なぜ、そうなってしまったのか?
E制作会社の得意分野とは違った方向にC社長の興味が向き、要望が強まったからです。
つまりは、システムの強化を希望したことから。

page top

Copyright © 2008-2017 SPEEDWAGON Inc. All rights reserved.